2016年 06月 08日

例会実績

2002年の発足以来、数ヶ月に一度、例会を行っています。
以下に最近の例会の論題などを記します。過去の実績は「活動記録」カテゴリの記事にあります。
※例会への参加は会員のみとしています。参加ご希望の方は入会手続きを行って下さい。

2016年4月24日(日) ウィングス京都
報告者:伊丹明彦(情報史研究会会員)
論題:1920年代中期のソ連の東アジア・太平洋政策:情報史研究の観点から

2016年2月28日(日) ウィングス京都
報告者:大野直樹(京都外国語大学非常勤講師)
論題:ベトナム民主共和国の情報活動

2015年12月20日(日) ウィングス京都
報告者:小島吉之(大阪大学大学院法学研究科博士後期課程)
論題:元CIA計画本部副部長フランク・ウィズナー
   ~アレン・ダレスの副官はなぜ自ら命を絶ったのか?~

2015年9月20日(日) ウィングス京都
報告者:奥田泰広(愛知県立大学)
論題:冷戦初期イギリスのパブリック・ディプロマシー ―IRDの対中政策(1948~49年)―

2015年7月25日(土) ウィングス京都
報告者:Nicholas Eftimiades
論題:Chinese Intelligence Operations (through the 1990s)

2015年4月26日(日) ウィングス京都
報告者:関誠(帝塚山大学)
論題:明治前期日本の情報と政策

2015年2月20日(金) PHP研究所京都本部
報告者:Douglas Ford
論題:US Intelligence and the Imperial Japanese Navy during the Pacific War

2014年12月5日(金) PHP研究所京都本部
報告者:三島恒平(情報史研究会会員)
論題:昭和27年内閣調査室について ―情報機関発展の構想と挫折―

2014年10月3日(金) PHP研究所京都本部
報告者:佐々木太郎(情報史研究会会員)
論題:ソ連秘密警察の対米政治工作の起源

2014年8月22日(金) PHP研究所京都本部
報告者:伊丹明彦(京都大学大学院人間・環境研究科博士後期課程)
論題:内務省のソ連調査 ―「日中衝突はソ連に利する」という論理との関連―

2014年6月6日(金) PHP研究所京都本部
報告者:小島吉之(大阪大学大学院法学研究科博士後期課程)
論題:「スノーデン文書」について考える ~そのインパクトと今後の影響~

2014年4月4日(金) PHP研究所京都本部
報告者:大野直樹(相愛大学非常勤講師)
論題:「テト攻勢における情報の失敗の再検討」

2014年2月21日(金) PHP研究所京都本部
報告者:戸部良一(国際日本文化研究センター教授)
論題:「日中戦争とインテリジェンス」

2013年12月20日(金) PHP研究所京都本部
報告者:宮杉浩泰(明治大学政治制度研究センター客員研究員)
論題:「昭和期日本陸軍情報部門担当参謀のキャリアパス分析
       --作戦部門との対比を通じて」

2013年10月18日(金) PHP研究所京都本部
報告者:大原俊一郎(京都大学大学院人間・環境学研究科研修員)
論題:「現代ドイツ情報体制の変容」

2013年8月23日(金) PHP研究所京都本部
報告者:小島吉之(大阪大学大学院法学研究科博士後期課程)
論題:「インド情報活動の歴史とその伝統」

2013年6月21日(金) PHP研究所京都本部
報告者:小宮京(桃山学院大学准教授)
論題:「三木武夫のインテリジェンス人脈」

2013年4月22日(月) PHP研究所京都本部
報告者:奥田泰広(愛知県立大学准教授)
論題:「イギリスの外交政策決定過程における国家安全保障機構の役割
     ~ロカルノ条約を事例として~」

2013年2月22日(金) PHP研究所京都本部
報告者:伊丹明彦(京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程)
論題:「昭和戦前期の対中ソ政策構想と情報」

2012年12月21日(金) PHP研究所京都本部
報告者:小島吉之(大阪大学大学院法学研究科博士後期課程)
論題:「インテリジェンスと倫理 建設的な議論に向けた対話可能性の検討」

2012年10月26日(金) PHP研究所京都本部
報告者:岩下哲典(明海大学教授)
論題:幕末三舟の一人、高橋泥舟とインテリジェンス
[PR]

by intelligence2002 | 2016-06-08 14:22 | 活動記録


<< 『情報史研究』第8号      『情報史研究』第7号 >>