情報史研究会

intel2002.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 24日

『情報史研究』第4号

『情報史研究』第4号(中西輝政教授京都大学退官記念号)が刊行されました。
PHPパブリッシングから、一般書店や各種オンライン・ストアでも購入できます。

奥田泰広
「刊行の言葉」

特集 近現代日本におけるインテリジェンス

論文
関誠
「日清天津条約前後の日本における情報と政策
   ―壬午事変後の海軍・外務省の情報体制強化―」

小山俊樹
「満州事変期における外交機密費史料の検討
   ―在中国日本公館の情報活動を中心に―」

森田吉彦
「日本における『孫子』用間篇の註釈
   ―反間という難問をめぐって―」

研究ノート
小谷賢
「インテリジェンス・オフィサーとしての小野寺信」

自由論題

論文
金自成
「ソ連の秘密工作活動と企業 ―北伐期を中心に―」

書評
奥田泰広
「Polly A. Mohs, Military Intelligence and the Arab Revolt」

用語解説
ヴィルヘルム・カナリス アプヴェア(外国・防衛部) ナチス親衛隊の情報機関 『孫子』
(奥村元 森田吉彦)

by intelligence2002 | 2012-09-24 18:47 | 『情報史研究』


<< 『情報史研究』第5号の原稿募集      ◆情報史研究会10周年記念シン... >>